編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「パートナーを通じたビジネスを3倍に拡大」--SAPジャパン新社長が戦略方針を説明

田中好伸(編集部)

2005-09-12 18:03

 SAPジャパンの新社長であるロバート・エンスリン(Robert Enslin)氏は9月12日、同社の今後の戦略を説明し、エンスリン氏は「2010年に売上高を現在の2倍にしたい」としている。

 SAPジャパンは今後の注力分野として(1)顧客価値の向上、(2)ビジネスパートナーとの協業強化、(3)従業員の重視、(4)技術革新の促進--という4つの戦略目標を掲げた。パートナーとの協業については、2006年までにパートナーを通じたビジネスを3倍に拡大することを目指すという。

「中堅・中小市場でのプレゼンスを上げたい」ロバート・エンスリン(Robert Enslin)SAPジャパン社長

 今後、同社が重視していくのが中堅・中小企業市場だ。同市場では、技術面や販売面でトレーニングを強化するなど既存パートナーと連携を強化するとともに、新規のパートナーを開拓していくとしている。また、2006年までにグローバルで展開するパートナー施策を日本でも適用・展開していく方針だ。

 大企業向けのパートナーとの協業では、SAPジャパンが提唱するサービス指向アーキテクチャ(SOA)基盤「エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ(ESA)」を使った情報システム導入を支援していく。

 エンスリン氏は、1992年にSAP南アフリカに入社し、1997年にSAPアメリカに異動している。2002年にSAPアメリカの製造業担当のシニア・バイスプレジデントに就任。2003年からSAPアメリカの北東地域担当シニア・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャを務めていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]