「パートナーを通じたビジネスを3倍に拡大」--SAPジャパン新社長が戦略方針を説明

田中好伸(編集部) 2005年09月12日 18時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 SAPジャパンの新社長であるロバート・エンスリン(Robert Enslin)氏は9月12日、同社の今後の戦略を説明し、エンスリン氏は「2010年に売上高を現在の2倍にしたい」としている。

 SAPジャパンは今後の注力分野として(1)顧客価値の向上、(2)ビジネスパートナーとの協業強化、(3)従業員の重視、(4)技術革新の促進--という4つの戦略目標を掲げた。パートナーとの協業については、2006年までにパートナーを通じたビジネスを3倍に拡大することを目指すという。

「中堅・中小市場でのプレゼンスを上げたい」ロバート・エンスリン(Robert Enslin)SAPジャパン社長

 今後、同社が重視していくのが中堅・中小企業市場だ。同市場では、技術面や販売面でトレーニングを強化するなど既存パートナーと連携を強化するとともに、新規のパートナーを開拓していくとしている。また、2006年までにグローバルで展開するパートナー施策を日本でも適用・展開していく方針だ。

 大企業向けのパートナーとの協業では、SAPジャパンが提唱するサービス指向アーキテクチャ(SOA)基盤「エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ(ESA)」を使った情報システム導入を支援していく。

 エンスリン氏は、1992年にSAP南アフリカに入社し、1997年にSAPアメリカに異動している。2002年にSAPアメリカの製造業担当のシニア・バイスプレジデントに就任。2003年からSAPアメリカの北東地域担当シニア・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャを務めていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]