編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

大塚商会、トータルαサポート21のLinux関連サポートメニューを拡充

CNET Japan Staff

2005-12-13 02:16

 大塚商会は12月12日、バックボーン・ソフトウエア製のバックアップソフトウェア「NetVault」を使用したLinuxシステムのバックアップ運用支援サービスを、2005年12月13日より開始すると発表した。

 このバックアップ運用支援サービスにより大塚商会は、同社の保守サービス「トータルαサポート21」におけるLinux関連サポートメニューに、NetVaultのサポートを追加する。一方のバックボーン・ソフトウェアは、大塚商会のLinuxバックアップ運用支援の技術支援を行う。

 これにより、ユーザーは従来のWeb、電話によるサポートに加え、大塚商会のエンジニアによるオンサイトサポートも受けられるようになる。また大塚商会では、これまでNetVaultでオプション機能を追加するごとに発生していたサポート費用を年額固定料金で提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]