編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ドコモとMSが提携--FOMAとExchangeの同期クライアントを共同開発

エースラッシュ

2005-12-14 17:21

 NTTドコモとマイクロソフトは12月14日、携帯電話端末「FOMA」から「Exchange Server」に直接アクセスし、各種データの同期や参照を可能にするクライアントソフトを共同開発することに合意したと発表した。

 今回開発するクライアントソフトは、FOMAとExchange Serverとの同期に「Exchange ActiveSyncプロトコル」を採用する。両社ではFOMA側のiアプリで制御をすることで、高速かつ安定した環境で電子メールや予定表など各種データの同期や参照を実現するとしている。企業にとってはクライアントソフトを導入するだけで、ビジネスの利便性をより高められるとしている。

 クライアントソフトは2006年春に開発を完了し、製品版は両社の販売パートナー経由でビジネスユーザーに提供する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]