編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

住生コンピューターサービス、コンタクトセンター向けSAP短期導入サービスを発表

CNET Japan Staff

2005-12-16 08:48

 住生コンピューターサービスは12月15日、SAPジャパンが提供する設定自動化ツール「SAP Best Practices」を活用した、コンタクトセンター向けの短期導入サービス「ALIVIO-IC」を開発したことを発表した。同日より提供を開始する。

 同サービスは、SAP Best PracticesのCRM機能を活用し、主に10〜30席程度の中小規模のコンタクトセンターを対象として提供される。コンタクトセンターで必要とされる業務シナリオや機能をあらかじめ定義し、プロジェクト導入時のシステム設定を自動化することで、導入期間の短縮と低価格化を実現した。対象業務は、問合せ対応、アフターサービス受付、マーケティング、テレセールスの4つ。

 導入期間を2カ月間とする最短パターンでの価格構成例は、ハードウェアを含めて1700万円より。ただし、この価格にはSAPのライセンスは含まれていない。住生コンピューターサービスでは、今後1年間でおよそ10社へのサービス提供を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]