ビジネスウェブの中核企業を目指すセールスフォース:ソフトウェアのオンデマンド化を推進するASP(1) - (page 2)

藤本京子(編集部) 2006年04月04日 18時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 AppExchange上にて提供されるアプリケーションは、Salesforceが開発したものに限らない。Salesforceが得意とするCRM分野関連アプリケーションは同社の開発によるものが多いが、AppExchangeではセミナー運営を支援するようなマーケティングツールをはじめ、社内ブログ、人材採用管理、予算管理など、パートナー企業が開発したツールがすべてASPにて提供されている。

 また、AppExchangeという単一プラットフォームを用意することで、複数のツールを結びつけてひとつのサービスとして提供する「マッシュアップ」も可能だ。例えば、Skype TechnologiesのVoIPサービスとSalesforceのアプリケーションを連携させた「Skypeカンファレンス」や、日本オプロの電子文書ソリューションとSalesforceを連携させた「e文書生成ソリューション for AppExchange」などがAppExchange上で利用できる。

 1月のサービス発表当初におけるAppExchange上でのアプリケーションは、日本国内で20、全世界で約160となっていたが、現時点では日本国内で27、全世界で206のアプリケーションが提供されている。

 AppExchangeで提供されるアプリケーションの価格はさまざまで、パートナー企業は価格を自由に設定することができる。Salesforceは、提供するアプリケーションの種類を増やすことで、サービスそのもののユーザー数を伸ばす考えだ。

ホスティングの負担

 一方、SalesforceはAppExchange上のアプリケーションのホスティングをすべて無料で行っている。1月のインタビューにてRobinson氏は「ホスティングの有料化は考えていない」としていたが、アプリケーションが増えれば増えるほど、同社の負担は大きくなってしまう。現にSalesforceのシステムは、2005年12月より数回にわたって停止しており、ユーザーに不安を与えたことも事実だ。

 Salesforceはこれまでにもデータセンターを拡張するなどして、可用性の向上に努めている。同社では、AppExchangeでサービスの範囲を拡大させてユーザー数を増やせば、サブスクリプション料の増加が見込めるため、無料でのホスティングが可能だとしている。

 宇陀氏にホスティングの有料化の可能性について聞くと、「今は、オンデマンド型システムを浸透させるためにも、提供するアプリケーションのメニューが豊富であることが重要だ」として、有料化を否定したが、「可能性がないわけではない」とも述べている。「ヤフーが無料で提供していたオークションサービスを有料化した時も、多くのユーザーがすでに定着していたためユーザーが減ることはなかった。AppExchangeも十分に浸透した場合は、ホスティングを有料化することがあるかもしれない」(宇陀氏)

 また宇陀氏は、システムが停止したことについて、「いい教訓になった。システムを止めないことが、いかに重要か再認識している。今後さらに可用性を高めることに力を入れ、新しい機能を追加すること以上にシステムを停止させないことを最優先課題とする」と述べた。

大手ソフトウェアベンダーもASP事業に参入

 Salesforceが順調にユーザー数を伸ばしていることもあり、ここ数年の間にOracleや、Oracleに買収されたSiebel Systemsなどが「Oracle On Demand」「Siebel CRM OnDemand」といったサービスでオンデマンド型のASP事業に乗り出している。また、Microsoftが2005年12月に米国で発表した「Dynamics CRM」のアップデートでは、サブスクリプション方式の料金体系も用意されたほか(関連記事)、SAPも2006年2月にASP型のCRMサービスを発表している(関連記事、日本国内でも近日中に発表予定)。

 こうしたソフトウェアベンダーの動きをSalesforceは驚異と感じないのであろうか。1月にRobinson氏と共に来日したSalesforceのテクノロジ統括責任者 Parker Harris氏は、大手ソフトウェアベンダーの動きについて、「すでに物理的なソフトウェア製品を抱えているため、ASP方式は既存の収益構造を覆すことになる。ソフトウェアの顧客ベースを崩さずにASPに参入することは困難で、サービスの範囲も限られたものになるだろう」と述べていた。

 また、宇陀氏は、「大手が乗り出すことで認知度も上がる。彼らは、確実に成長が見込まれている市場に入ってくるのであって、Salesforceのシェアを奪おうと考えているわけではない。Salesforceにとっても、大手が参入することでより市場が活性化され、顧客ベースが拡大できるだろう」と述べ、成長が見込まれる同市場への大手の参入を前向きにとらえていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]