編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

FJSとOSJ、「IBM System i5」に対応したLinuxソリューション提供で提携

CNET Japan Staff

2006-05-26 17:08

 福島情報サービス(FJS)とオープンソース・ジャパン(OSJ)は5月26日、IBMのビジネスサーバ「IBM System i5」に対応したオープンソースとリッチクライアントのソリューション展開で提携したことを発表した。

 今回、両社で提供するソリューションは、PHPやMySQLなどのウェブシステムの基盤技術をIBM System i5上で利用できる技術「PASE」とAdobe Flash利用したOSJ独自のリッチクライアント技術「DynamicCockpit(ダイナミックコックピット)テクノロジー」を組み合わせたもの。

 PASEは、IBM System i5のOSであるi5 OS上でLinux用アプリケーションの実行を可能にする技術で、DynamicCockpitテクノロジーは、Flash技術を利用したOSJ独自のリッチクライアントソリューションだ。

 今回の提携で両社は、IBM System i5のユーザー向けにオープンソースとリッチクライアントによる最新のウェブシステムを提供する体制を整えた。今後、両社のパートナー企業と共同でシステム構築およびサポートサービスなどの事業を展開する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]