編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アシスト、BIソリューション「現場の見える化パック」を販売--ひな型選択で開発効率向上へ

CNET Japan Staff

2006-06-15 17:18

 アシストは6月15日、Information Builders製のレポーティングツール「WebFOCUS」を利用し、データウェアハウス(DWH)の構築から情報活用までを可能にするビジネスインテリジェンス(BI)ソリューション「現場の見える化パック」を発表した。価格は336万円からとなっている。

 現場の見える化パックは、アシストのノウハウを体系化し、業種業態ごとに必要とされる業務要件を可視化するための「KPIテンプレート」と、企業活動に必要な機能分野ごとの「データモデル・テンプレート」、さらにこれらのテンプレートと密接に連携し、WebFOCUSを活用した「BIテンプレート」を組み合わせたソリューション。ユーザー企業は、必要なデータを準備し、テンプレートを選ぶことで、DWHの開発効率を向上させられる。

 アシストでは、販売機能分野に特化した「現場の見える化パック〜販売管理〜」の提供を6月15日から開始し、8月に財務会計、10月に製造とラインアップを整えていく予定だ。また、カスタマイズ要求にこたえるための「現場の見える化パック カスタマイズサービス」も用意。東レシステムセンター製のWebFOCUS専用認証製品「セキュアコンポ」を利用したアクセス制御の強化を実現するパックや、WebFOCUSの「BIダッシュボードオプション」を同梱した「レポータル・パック」もリリース予定です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]