編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

特集:“再離陸”するビジネスインテリジェンス

田中好伸(編集部)

2006-03-04 03:03

[特集] ビジネスインテリジェンス(BI)が注目を集めている。これまでに蓄積された情報を、有効的に活用しようとするユーザー企業の動きが高まっている。また、ベンダーからも、この1〜2年で関連する製品が相次いで市場に投入されている。数年前に騒がれたBIがここにきて、再び注目されているのである。そんな中でガートナー ジャパン主催のイベント「ガートナー ビジネス インテリジェンス サミット 2006」が2月21〜22日に開催された。このイベントでは、アナリストたちがユーザー企業に向けたBIの洞察が示され、問題提起がなされるとともに、ベンダーからのBIに関するメリットなどが説明された。また実際にBIを導入してビジネスを変革できた導入事例に関する紹介も行われた。今回の特集では、BIとはどんなものであるのか、どのようなメリットを企業にもたらすのか、“再離陸”するBIの“今”をまとめた。


「データ分析」を超える

企業で蓄積されたデータを分析・活用するBI。具体的にはどんなものであるかを振り返る。そして、データ分析にはとどまらないBIの“これから”を確認する。
2006年2月28日


東レとNTTドコモの活用事例

BIはどのように導入して、どのように活用すれば、期待通りのメリットを得られるのか。東レとNTTドコモでの活用事例をつぶさに見ると、成功のコツが分かる。
2006年3月2日


SOAが要請するデータ統合の重要性

BIが分析・活用の対象とするのは、データである。当たり前すぎて見過ごされがちな事実だ。だが、データの品質を向上させて、統合することには大きな意味があることを見落としてはいけない。
2006年3月4日

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]