「10年ぶり」の大変化がユーザーに与える影響は?

柴田克己(編集部) 2006年08月01日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトが「約10年ぶりの大幅なリニューアル」とうたう「the 2007 Microsoft Office System」(Office 2007)のリリースが近づきつつある。同社のスケジュールによれば、2006年第4四半期中には企業ユーザー向けのボリュームライセンス提供を開始し、2007年第1四半期には、次期クライアントOSであるWindows Vistaの発売と合わせて、個人ユーザー向けパッケージの出荷を計画しているという。

 同社では、2006年5月下旬から、早期評価を目的とした「Office 2007 日本語版ベータ2」の提供を行っている。実際にこれを入手したという人もいるだろう。なお、現在ではベータ版のダウンロード提供は既に終了している(CD/DVDキットの実費での提供は継続)が、同社のウェブサイト上で実際にベータ版の操作を体験できる「Microsoft Office Beta Test Drive」(テストドライブ)と呼ばれる試用版が提供されている。

 テストドライブには、シトリックスのプレゼンテーションサーバ技術が利用されている。ActiveXプラグインをインストールしたInternet Explorerをクライアントとし、リモートサーバ上で動作しているOffice 2007日本語版ベータ2の操作を体験できるものだ。その仕組み上、操作感にもたつきがあったり、ドキュメントの保存や印刷は行えないといった制限はあるが、Office 2007アプリケーションの分かりやすい特徴である新しいユーザーインターフェース(UI)や、ライブプレビューの動作する様子を確認するといった用途には足るものとなっている。

「システム」としての導入を考慮したスイート構成

 7月10日には、Office 2007日本語版の製品ラインアップについて、詳細が発表された。いわゆる「スイート」と呼ばれる統合ソフトウェアの製品ラインアップとしては、企業向けのボリュームライセンス製品として提供される「Standard」「Professional Plus」「Enterprise」の3種と、個人向けのパッケージ製品として提供される「Personal」「Standard」「Professional」「Ultimate」の4種がある。具体的な製品構成については別表にまとめた。

ボリュームライセンス製品の構成
Standard 2007Professional Plus 2007Enterprise 2007
Word 2007
Excel 2007
Outlook 2007
PowerPoint 2007
Publisher 2007
Access 2007
InfoPath 2007
Office Communicator
OneNote 2007
Groove 2007
InterConnect 2007
IME 2007
エンタープライズコンテンツ管理
電子フォームサービス
情報保護機能

パッケージ製品の構成
Personal 2007Standard 2007Professional 2007Ultimate 2007
Word 2007
Excel 2007
Outlook 2007
PowerPoint 2007
Publisher 2007
Access 2007
InfoPath 2007
Office Communicator
OneNote 2007
Groove 2007
InterConnect 2007
IME 2007
エンタープライズコンテンツ管理
電子フォームサービス
情報保護機能

 この製品構成について、同社では「従来までのラインナップと比較すると企業情報システム環境への効率的な製品の導入を支援する構成」であると説明している。表の下部にある「エンタープライズコンテンツ管理」「電子フォームサービス」「情報保護機能」の3つの項目は、単体の製品ではなく、サーバ連携時などに有用な拡張機能としての位置づけだ。スイートに含まれる各ソフトウェアコンポーネントもさることながら、これらの拡張機能を利用するシステム環境が構築されている(構築予定である)かどうかという視点でのスイート選択が必要となる。

 マイクロソフトでは、2003年以降、Officeをデスクトップアプリケーションのシリーズから、サーバシステムまでを含めた総合的なプラットフォームとして進化させる「Microsoft Office System」と呼ばれる構想を発表しているが、今回のOffice 2007におけるスイート製品の構成は、その方向性をより明確に打ちだしているものといえそうだ。

 なお、各コンポーネントおよびスイート製品の価格については、現時点で未定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化