編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

役割の拡大でさらに重要性が増すSharePoint

柴田克己(編集部)

2006-08-04 18:27

 the 2007 Microsoft Office System(Office 2007)は、多数のクライアント製品とサーバ製品群から構成される。今回のバージョンから、メッセージングサーバである「Exchange Server」も、マイクロソフト内でOffice製品を扱うインフォメーションワーカービジネス本部の担当となり、Officeのサーバ製品それぞれの「コラボレーション」「メッセージング」「リアルタイムコミュニケーション」という機能の役割分担が、より明確になった印象を受ける。

 コラボレーション環境の実現にあたって、特に大きな役割を果たすのが「Microsoft Office SharePoint Server 2007」(SharePoint)になる。ブラウザベースのチームコラボレーションを実現する拡張機能として登場したSharePointは、現在のバージョンにおける「SharePoint Portal Server」という名称が示すとおり、主に情報共有のためのポータル構築基盤を提供する製品として進化してきた。

 2007世代のSharePointは、名称からPortalの文字がはずれ、「SharePoint Server 2007」となる。これは、これまで「Content Management Server」との連携で提供していた、より高度なコンテンツ管理機能などが統合され、SharePoint自体が受け持つべき役割が広がったためといえそうだ。

 マイクロソフト、インフォメーションワーカービジネス本部の昇塚淑子氏は、SharePointの設計思想について、あらゆる規模の組織における「情報共有のためのシングルポイントインタフェースになること」と説明。新バージョンのSharePointが受け持つ機能領域として「コンテンツ管理」「ビジネスプロセス」「ビジネスインテリジェンス(BI)」「コラボレーション」「ポータル」「検索」の6つを挙げる。

SharePoint概念図 SharePoint 2007では、6つの領域を実現するための基本機能に加え、規模に応じた開発環境、より深い各クライアントアプリケーションとの連携が特徴だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]