既存のTuxedoアプリにSOA対応という“スパイス”を聞かせる「SALT 1.1」

山下竜大(編集部) 2006年09月21日 23時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 BEA Systemsは9月19日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催されているユーザーカンファレンス「BEAWorld 2006 San Francisco」において、既存のTuxedoアプリケーションをSOA 360°プラットフォームに導くTuxedo用のアドオン製品「Services Architecture Leveraging Tuxedo(SALT)1.1」の提供を開始したことを発表した。

 SALT 1.1は、大規模トランザクション処理システムで活用されているTuxedoアプリケーションをラッピングすることで、SOA対応のシステムと迅速かつ容易に統合するための新製品。既存のアプリケーションを全く変更することなく、SOA対応システム上で有効に活用することを可能にする。同製品は、すでにBEAのウェブサイトからダウンロードすることができる。

 そこで、BEA Systemsのプロダクトマーケティング担当シニアディレクターであるMike Piech氏にSALT 1.1について話を聞いた。

--BEAWorld 2006で発表されたSALT 1.1とはどのような製品なのですか。

 SALT 1.1は、C/C++、COBOLなどで構築されたレガシーアプリケーションをラッピングすることで、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に対応したシステム上で使用できるサービスに変えることができる新しい製品です。このとき、アプリケーションは全く書き直すことなく、SOA対応できることが最大のポイントです。

--SALT 1.1を導入することで、Tuxedoユーザーはどのような効果を期待できるのでしょう。

 Tuxedoのユーザーは、非常に古くから、何年もかけてTuxedoアプリケーション構築し、使用しているユーザーが非常に多くいます。ここで利用されているアプリケーションは、たとえば金融機関の送金システムやATMシステム、テレコム系のシステムなど、ミッションクリティカルなものが多く、システムがダウンしてしまうと大きな損害を伴います。

 そのためユーザーは、新しいシステムと統合する場合でも、コードを書き直すことには躊躇してしまいます。ミッションクリティカルなシステムでは、コードを書き直すことで、どこに影響するかを見極めることが困難だからです。SALT 1.1で提供しているラッパーの仕組みを利用することで、コードを書き直すことなく、迅速かつ安全、確実に新しいシステムと統合することが可能になります。

--SALT 1.1は、今回発表されたSOA 360°プラットフォームの中では、どのような位置づけにある製品なのでしょう。

 SOA 360°プラットフォームというコンセプトには、さまざまな視点があります。360度という言葉が示すとおり、SOAのすべてが、どの角度からでも見ることができます。SOAの世界では、使用されているすべてのサービスの目的が常に見渡せることが重要です。

 SOA 360°プラットフォームには、まずmicroService Architecture(mSA)がありますが、mSAはビジネスを変革させるだけでなく、BEA製品そのものがmSA上にSOA対応のコンポーネントとして配備されることになります。

 一方、SOAに対応したツールの世界では、開発者向けの開発ツールだけにフォーカスされてきた感があります。しかし、アナリストやビジネスの担当者、オペレーターなどすべての担当者がインテグレーションに参加できるSOAコラボレーションツール環境を提供するのがWorkspace360°です。

 このとき、新しいアプリケーションだけでなく、既存のアプリケーションであってもサービスとしてSOA対応のシステムに参加できなければ意味はありません。そこで、既存のアプリケーションやレガシーアプリケーションをSOA 360°プラットフォームに導くための製品がSALT 1.1なのです。

 また、Workspace360°からもTuxedoを管理することが可能になります。Tuxedoアプリケーションの関係者は、Workspace360°を通じてTuxedoアプリケーションをコンポーネント化し、組み立て、管理することが可能になります。さらに、TuxedoそのものもmSA上に組み込まれて使用できるようになるのです。

--それは、mSA上でTuxedoをSOA対応コンポーネントとして利用できるということですか。

 その通りです。TuxedoやWebLogic、AquaLogicというBEA製品はもちろん、SOAに対応した他社製のコンポーネントも互いに通信することを可能にするのがmSAなのです。

--SALT 1.1以外にもTuxedoで機能が強化される計画はありますか。

 最初にもお話ししたとおり、Tuxedoはすでに非常に実績のある、信頼性の高い製品です。そのため今後6カ月間くらいの間に何か大きな機能拡張が発表されるという予定はありません。しかし、常にパフォーマンスや信頼性の向上、ユーザーからの要望への対応などの改良は継続して行っていきます。

BEAのMike Piech氏 BEA Systemsのプロダクトマーケティング担当シニアディレクター、Mike Piech氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]