勤務時間中に社内リソースから転職活動--これってアリ?

文:Becky Roberts 翻訳校正:吉井美有

2006-10-17 08:00

 今週は、転職活動のために現在の勤務先のリソースと勤務時間を利用することを気にしているTechRepublicのメンバーの相談を取り上げたい。ITプロフェッショナルはその勤務形態のせいだけではなく、家族との約束に始まる諸々の予定のせいで時間的な制約を抱えている場合が多いため、この相談内容は彼らが遅かれ早かれそのキャリアにおいて直面する可能性の高い問題だ。以下が今週の相談である。

 「わたしは転職活動において、いくつかの道義的な問題に直面しています。まず、転職先を探すにあたり、現在勤めている会社のリソースを(履歴書を電子メールで送付する際など)一部利用する必要があります。こういった行動は道義的にみてどうなのでしょうか(この場合、こういった行動が誰かに見つかるかどうかということは関係ありません)」

 「次に、勤務時間中に転職先との面接や、電話連絡を行う必要もあります。転職先を探していることを隠しておくためには、マネージャーから外出先などについての質問を受けた場合にどう対処すればよいでしょうか。マネージャーとの関係は良好であり、その関係を悪くするようなことはしたくないのです」

 「最後に、数年間勤めた現在の会社において、転職先に持っていきたいと思うようなドキュメント、マニュアル、フリーウェアのユーティリティ、ナレッジベースといった多くのリソースを蓄積してきました。こういったものはわたしが開発あるいは入手したものであるため、退職時にそれらのコピーを持っていくことは許されるでしょうか」

 このTechRepublicメンバーが抱える、転職時に直面するジレンマに対する回答を考えるにあたっては、あなたの回答に影響を与えるかもしれない要因も考えてほしい。例えば、あなたの会社が転職に関するポリシーを明文化していたらどうだろうか?あるいは、あなたが次回の人員整理で職を失うことがわかっているとしたら?相談者への回答に影響を与える可能性がある要因として、他にどのようなものがあるだろうか。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]