編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

御社のLinuxは最新のハードウェアでも稼働しますか?

CNET Japan Staff

2006-10-18 23:10

 テンアートニは10月17日、最新のハードウェアでは動作保証されていないLinuxディストリビューションを、仮想化技術の利用で最新のハードウェアへ環境をそのまま移行するサービス「Virtual Linux SustainingSolution(Virtual LSS)」の提供を同日から開始すると発表した。

 Virtual LSSでは、旧バージョンのLinuxディストリビューションを利用しているユーザーに、「仮想化技術適応診断サービス」「旧環境移行サービス」の2つのサービスを提供する。前者は事前診断で、後者が移行作業の提供となる。

 仮想化技術適応診断サービスは、現在使用しているシステムが仮想化技術によってそのまま移行できるかどうかを診断するもので、診断リポートと稼働しているソフトのバックアップCDを提供する。価格は30万円。

 旧環境移行サービスは、診断サービスによって移行が可能と判断した場合に、実際に移行を行うもの。使用しているアプリケーションの調整、再構築での対応も行う。価格は個別見積もりとなる。

 Red Hat 6.2〜9やLinuxカーネル2.4.9以前など旧バージョンのLinuxディストリビューション上に構築されたシステムは、ハードウェア故障などで継続使用できなくなる問題を抱えている。

 しかし、旧バージョンのLinuxディストリビューションは最新のハードウェアでは動作保証されておらず、ハードウェアのみ新しく交換することは困難とされる。またユーザー企業は、OSのLinuxのほかに、アプリケーションも新たに構築しなければならない。

 テンアートニのVirtual LSSは、ユーザー企業のこうした問題を解決できるものとして用意されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]