御社のLinuxは最新のハードウェアでも稼働しますか?

CNET Japan Staff 2006年10月18日 23時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンアートニは10月17日、最新のハードウェアでは動作保証されていないLinuxディストリビューションを、仮想化技術の利用で最新のハードウェアへ環境をそのまま移行するサービス「Virtual Linux SustainingSolution(Virtual LSS)」の提供を同日から開始すると発表した。

 Virtual LSSでは、旧バージョンのLinuxディストリビューションを利用しているユーザーに、「仮想化技術適応診断サービス」「旧環境移行サービス」の2つのサービスを提供する。前者は事前診断で、後者が移行作業の提供となる。

 仮想化技術適応診断サービスは、現在使用しているシステムが仮想化技術によってそのまま移行できるかどうかを診断するもので、診断リポートと稼働しているソフトのバックアップCDを提供する。価格は30万円。

 旧環境移行サービスは、診断サービスによって移行が可能と判断した場合に、実際に移行を行うもの。使用しているアプリケーションの調整、再構築での対応も行う。価格は個別見積もりとなる。

 Red Hat 6.2〜9やLinuxカーネル2.4.9以前など旧バージョンのLinuxディストリビューション上に構築されたシステムは、ハードウェア故障などで継続使用できなくなる問題を抱えている。

 しかし、旧バージョンのLinuxディストリビューションは最新のハードウェアでは動作保証されておらず、ハードウェアのみ新しく交換することは困難とされる。またユーザー企業は、OSのLinuxのほかに、アプリケーションも新たに構築しなければならない。

 テンアートニのVirtual LSSは、ユーザー企業のこうした問題を解決できるものとして用意されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算