HPなどIT大手、メインフレーム戦略を明らかに--Oracle OpenWorldにて

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月25日 13時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--技術の流行は移り変わるが、昔からあるメインフレームが完全に消え去ることはないようだ。

 当地で開催のカンファレンス「Oracle OpenWorld」でメインフレームが大きく取り上げられた。Hewlett-Packard(HP)の最高経営責任者(CEO)Mark Hurd氏は米国時間10月24日、HPがOracleとIntelと共同で、メインフレーム上で稼働する古いアプリケーションを、IntelのItaniumプロセッサとOracleのアプリケーションを搭載したHPサーバに移行するのを支援するサービスを開始すると基調講演で述べた。

 講演でHurd氏は、HPは自社のバックオフィス技術を近代化および合理化する3年計画の2年目にあり、その計画にメインフレームが入り込む余地はないと語った。

 「わたしはメインフレームのファンではない」(Hurd氏)

 IT関連予算の約65%がメインフレームの維持に費やされている、とHurd氏は述べた。同氏は、最高情報責任者(CIO)であるRandy Mott氏の下でIT部門の仕事を可能な限り自動化することで、同社組織がメンテナンス業務から離れられるようにしたいと語った。これは、HPが管理しているサーバやアプリケーションの数を減らすことにもなり、冷房や電源費用を削減することにも寄与すると同氏は述べた。

 HP、IntelおよびOracleは、顧客のアプリケーション要件を評価し、類似のアプリケーションを動かせるItaniumサーバを提案し、メインフレームを利用している慎重な顧客が移行できるよう支援する予定だ。

 しかし、別の発表の中で、Oracleは逆の役割を演じている。同社は、IBMとパートナーシップを組んで、メインフレームをサポートするという発表を行っている。

 企業の技術担当役員には、「今動いているものはいじるな」という戦略に従うかなり保守的な人たちも多い。多くの顧客は、隅々まで知り尽くしているメインフレームで重要なアプリケーションを動かすことに満足している。IBMとOracleは同日、それらの顧客を視野に入れ、IBMの「System Z」メインフレームでLinuxを稼働している顧客にOracleのアプリケーションを販売する努力を共同で進めていくと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化