編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

SAPジャパン、中小向けERPソフト最新版を提供開始--国内向け機能強化

ニューズフロント

2007-01-12 22:08

 SAPジャパンは1月11日、中小企業向けERPソフトの最新版「SAP Business One 2005B」の出荷を開始した。国内ユーザーからの要求が高かった機能を30項目以上も導入したという。

 SAP Business Oneは、財務/管理会計機能にとどまらず、販売/仕入/在庫管理、顧客管理、営業支援などの機能を備えるERPパッケージ。SAPジャパンでは、「短期間かつ低コストで導入できることが大きな特徴で、現在注目されるコンプライアンス(法令順守)や内部統制強化のためのシステム基盤にもなる」としている。

 最新版は、新たに受注残管理を搭載したほか、照合機能の拡張、ヘルプ検索などの操作性向上などを実施した。国内の商習慣に適した新機能として、伝票における消費税処理の拡張、総額表示、印紙税への対応も図った。

 パフォーマンスに関するデータを自動的に収集・分析するツールを標準搭載したため、専任IT担当者のいない小規模企業でも安心して運用できるという。

 またSAPジャパンは、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「SAP Business Intelligence」との連携機能を、2007年第1四半期に提供する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]