富士通、スーパーカミオカンデ向けシステムを受注--270台のPCクラスタ

ニューズフロント

2007-01-12 22:33

 富士通は、東京大学宇宙線研究所の宇宙素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」向け実験解析システムの構築を担当する。富士通が1月12日に明らかにしたもの。同システムは、2007年3月から稼働する予定。

 このシステムは、スーパーカミオカンデが捉えたニュートリノに関する観測データをもとに、データの蓄積および解析を行う。装置が収集する観測データと、解析処理後のデータを合わせると、1日当たり約160Gバイトのデータを蓄積する必要がある。

 富士通は、ブレードサーバ「PRIMERGY BX620 S3」270台によるPCクラスタ(540プロセッサ、1080演算コア)、IAサーバ「PRIMEQUEST 520」3台、ストレージシステム「ETERNUS」、高速分散ファイルシステム「Parallelnavi SRFS for Linux V1.0」を中心として、システムを構築する。このPCクラスタの演算性能は従来システムの35倍、データ転送性能は約2倍の毎秒750Mバイトになる計画という。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]