編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

KCCS、ID管理システムの最新版「GreenOffice Directory 3.7」を3月発売

ニューズフロント

2007-02-28 18:45

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2月28日、ID管理システムの最新版「GreenOffice Directory Version 3.7」の販売を3月28日に開始すると発表した。税込みライセンス料金は、210万円(300ユーザー)から。

 GreenOffice Directoryを利用すると、IDの集中管理が可能となり、セキュリティポリシーの徹底、管理コストの削減、コンプライアンスへの対応などが実現するという。

 最新版には、準備環境と本番環境を比較する機能を搭載し、マスタ情報の変更箇所に関するリストや、アプリケーションごとの利用者数リストを出力できる。これにより、本番適用前のデータ確認が可能となって、更新ミスを未然に防げる。

 また、リレーショナルデータベース(RDB)連携機能は、SQLでOracleおよびDB2との自動連携を行う。これまで必要だった専用インターフェースの開発が不要となるため、KCCSでは「システム導入にともなうコストを軽減する」としている。さらに、パスワード再設定操作をユーザーに許可できるので、システム運用者の作業負荷が軽くなる。

 サーバの対応OSは、Red Hat Enterprise Linux ES3とWindows Server 2003 R2。対応ウェブアプリケーションサーバはTomcat4.1.31など。クライアントは、Windows 2000 ProfessionalおよびWindows XP Professional上で作動する。

 KCCSでは、1年間に3億円の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]