編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立システム、従来より通信速度が1.5倍のシンクライアント端末を販売開始

CNET Japan Staff

2007-03-01 12:46

 日立システムアンドサービスは、同社のオフィス内のセキュリティ強化やPCの運用・管理コスト削減を実現するソリューション「THINkbox」にシンクライアント端末「CLEARCUBE I8330 I/Port」をラインアップに加え、3月1日から販売を開始した。

 これまで日立システムは、米ClearCubeのシンクライアント端末として、ブレードクライアントと1対1で接続し、CAD業務などに適している「CLEARCUBE C/Port」と、ブレードクライアントとはネットワーク経由で接続する「CLEARCUBE I/Port」を提供してきた。CLEARCUBE I8330 I/Portは、CLEARCUBE I/Portの後継機種。

 今回のCLEARCUBE I8330 I/Portは、CLEARCUBE C/Portで使用していたClearCube独自の通信技術である「TDX」(Transparent Desktop eXtension)を拡張した新技術の採用により、ネットワーク経由での処理速度が、従来のWindows標準の「RDP」(Remote Desktop Protocol)を使用しているCLEARCUBE I/Portと比較し、ネットワークに負荷がかかった状況で約1.5倍の処理速度を実現するとしている。

 また、ブレードクライアントを遠隔地のマシンセンターなどにまとめて設置することで、ブレードクライアントのメンテナンスや故障機器の入替えなどの一元管理が可能になる。

 CLEARCUBE I8330 I/Portは1台4万5600円。日立システムは、THINkboxソリューション全体で、今後3年間で8億円の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]