編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

富士通、グループのコンサル事業を統合、子会社FRIに一本化

ニューズフロント

2007-03-27 20:10

 富士通は3月27日、グループ内のコンサルティング事業を統合すると発表した。4月1日付けで本社のコンサルティング事業本部を、子会社である富士通総研(FRI)に移管する。

 富士通のコンサルティング事業本部は、内部統制や事業継続管理(BCM)体制の構築、上流コンサルティングなどの分野で実績を持つ。FRIはシンクタンクである経済研究所との連携による、経営/業務コンサルティングを手がけている。

 両社の事業統合により、FRIでは経営とIT関連を一体化したコンサルティングを行うという。4月以降、FRIは従業員をほぼ倍増し、コンサルタント350人、経済研究所の研究員50人を含む430人体制とする。2007年度の売上高は97億円を見込む。

 またFRIでは今後、富士通グループの研究開発(R&D)中核会社である富士通研究所の成果の応用や、米Fujitsu Consulting Holdings、英Fujitsu Services Holdingsなど海外関係会社との連携を推進していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]