Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その9:オフィスを整備パート1、オブジェクト変形で飾り付け

大槻透世二(デジタルハリウッド大学院) 2007年04月12日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

 「よし!オフィスが見えてきた!」。私は夜の書斎で叫んだ。

 Second Lifeを知ってから、メーカーとして何か事業をやりたいと思っていた私は、Second Life内でまずわが社のオフィスを作ろうとしていた。その後、同じ会社の同僚に助けてもらったり、「Second Lifeのものづくりのサイト」を参考にしたりして、ここまでやってきた。

 今日、ようやくそれが見えてきた。床を作り、壁を作り、屋根を作っただけだ。それなのに、オフィスらしくなってきた。床までは基礎部分だった。そして、多くの基礎的なモノづくりの方法を学んだ。これからは応用編だ。

 腕まくりをして私はコーヒーをすすりながらも、目はSecond Lifeの世界から離れなかった。

 既に月は煌々と光り、あたりは深夜の空気が充満していた。

前回の復習

オフィスの基本構成部分 オフィスの基本構成部分

 さて、前回はオフィスの基本構成部分である「壁と屋根」を作った。まず、壁だが次の3部分に分けられる。左側面と右側面のガラス窓は同じなので、実質的に作成するのは、「側面の『窓』と『窓枠』」そして「奥の壁」となる。

  • 右側面のガラス窓
  • 左側面のガラス窓(右側面と同じ)
  • 奥の壁

 ここでは、側面の「窓」と「窓枠」を作るため、「透明テクスチャ」を利用した。この透明テクスチャを貼ることで、驚くべき効果が得られた。上図の側面は、実際には窓用のテクスチャを貼ったプリムをコピーして3枚並べただけだが、窓枠や窓のフレームなどに何個ものプリムを使ったように見える。この透明テクスチャはプリムを削減する方法として主要な方法である。

 ちなみに、透明テクスチャとしてアップロードする画像の形式は、JPGでも透過GIFでもない。画像は、画像編集ソフトで「.tga」という拡張子のファイルとして保存し、アップロードしよう(第2回でも述べたようにアップロードには、もちろん10リンデンドルが必要になる。プレミアムアカウントにアップグレードするか、アルバイトをするなどの方法で10リンデンドル以上得ておく必要がある)。

 奥の壁も、「Edit」画面の「Select Texture」にチェックを付け、テクスチャを貼り替えたいオブジェクトの面を選び、必要なテクスチャをそれぞれ貼ればよかった。

 次に屋根だが、屋根用のオブジェクトを作って木目調のテクスチャを貼れば完成した。

 オフィスといっても、まずは大まかな形を決め、ボックスタイプのプリムを変形し、テクスチャを貼り、配置すれば、おおよその外形は出来上がる。模様や細かな装飾部分は後から追加しよう。次のように……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化