Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その9:オフィスを整備パート1、オブジェクト変形で飾り付け - (page 6)

大槻透世二(デジタルハリウッド大学院)

2007-04-12 08:00

 テーブルの脚と同じように、「Hollow」で中央部分に穴をあける。

「Hollow」適用後のオブジェクト 「Hollow」適用後のオブジェクト

 さらに「Path Cut Begin and End」の「B」と「E」を使ってプリムをカットしていくと出来上がりだ。

「Path Cut Begin and End」適用後のオブジェクト 「Path Cut Begin and End」適用後のオブジェクト

 受付の背後のボードは下図のようになる。簡単だ。

受付の背後のボード 受付の背後のボード

「オフィス家具」の配置

オフィス家具

 さて、次にオフィス家具の配置だ。しかし、このオフィス家具にはちょっとした仕掛けがある。その仕掛けとはスクリプトだ。

 スクリプトとは、このSecond Life内で多くの表現を可能にする「プログラム」だ。プログラムといっても堅く考える必要はない。一通りわかれば、後はスクリプトの数値を変えるだけで他への転用ができるようになる。

 次回は一部スクリプトをオフィス家具に入れてみようと思う。それには訳がある。その訳とは何だろうか。それでは、次回をお楽しみに(今回使用されたテクスチャは、シーネットネットワークスジャパンのSecond Lifeオフィス--Cyber Adventure 118, 30, 31--内で公開を今後予定しています)。

大槻透世二氏
大槻透世二デジタルハリウッド大学院
次世代インターフェース研究室 研究員
Second Life研究室 研究員/プロデューサー
Linden社推薦 Second Lifeセミナー講師
サイバーアドベンチャーCEO

東北大学心理学専攻卒業。1年間のLA留学を経て、ソリッドレイ研究所でバーチャルリアリティのシステムインテグレーション、立体映像システム構築、HMDシステム構築などを経験。IT系コンサルティング会社を経て、デジタルハリウッド大学大学院コンテンツマネジメント修士課程修了(MCA)。その後、Linden Lab本社にてSecond Lifeカリキュラムのトレーニングを受ける。現在デジタルハリウッドにて「Second Life」セミナーを開催。また、バーチャルリアリティ、メタバース関連のシステム開発/プロデュースを行うサイバーアドベンチャーを設立し、そのCEO職に就いている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]