編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その9:オフィスを整備パート1、オブジェクト変形で飾り付け - (page 5)

大槻透世二(デジタルハリウッド大学院)

2007-04-12 08:00

 すると、板の中央部分から穴がどんどん開き、そして下図のようになる。

「Hollow」適用後のオブジェクト 「Hollow」適用後のオブジェクト

 さらに「Path Cut Begin and End」の「B(Begin:始め)」の方から数値を変えて、下図のようにどんどんパスをカットしていく。

「Object」タブの「Path Cut Begin and End」 「Object」タブの「Path Cut Begin and End」

 「E(End:終わり)」の数値も少し変えれば下図のようになり、テーブルの脚の原型が出来上がる。

「Object」タブの「Path Cut Begin and End」 「Path Cut Begin and End」適用後のオブジェクト

 次はテーブルの中央部分を作ってみよう。勘の良い方はもう作り方がお分かりかもしれない。まず、原型としてのボックスタイプのプリムにレンガのテクスチャを貼る。

レンガのテクスチャを適用 レンガのテクスチャを適用
  

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]