編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

シード、基幹システムをOracleから「SAP ERP」に移行--内部統制や薬事法対応に基盤の再構築

CNET Japan Staff

2007-04-13 02:09

 SAPジャパンは4月12日、コンタクトレンズの大手メーカーであるシードが、SAPの基幹業務システムである「SAP ERP」の採用を決定したことを発表した。SAP ERPは、これまで「mySAP ERP」と呼ばれていた製品。2007年3月より名称が変更されている。

 シードでは2008年1月に、「1日使い捨てコンタクトレンズ」の日本国内生産を開始することに加え、内部統制や薬事法といった法規制への対応を見据えて、財務会計、管理会計および人事給与管理機能を備えた経営システム基盤の再構築を推進。2006年11月に、SAP製品の導入を決定し、2007年7月から本格稼動を予定している。

 シードでは、2000年よりOracleの業務パッケージソフト「Oracle Applications」を中核にIT基盤を構築、人事給与、会計、購買、発注機能を管理していたが、今回のシステム再構築ではSAPを採用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]