編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

RSAセキュリティとイーソル、家電向けWindows Media DRMソフトパッケージを提供

ニューズフロント

2007-05-15 14:29

 RSAセキュリティとイーソルは5月15日、デジタル著作権管理(DRM)技術「Windows Media DRM」対応の家電向けソフト提供で協業すると発表した。

 Windows Media DRMは、音声や映像などのデジタルコンテンツの著作権を保護する技術。RSAセキュリティとイーソルは、携帯用メディアプレーヤーや据え置き用デジタル家電、カーオーディオ、携帯電話に対するWindows Media DRMおよび関連機能の実装に必要なソフトを提供していく。

 具体的には、組み込み機器向けにイーソルのWindows Media DRMコンテンツ転送用ミドルウェア「PrMTP」、RSAセキュリティの暗号モジュール「RSA BSAFE」、マイクロソフトのWindows Media DRM SDKで構成されたソフトウェア群を提供するほか、組み込み用ファイルシステム、TCP/IPプロトコルスタック、USBデバイスプロトコルスタックなど組み込み用コンポーネントなども提供する。

 両社は、カスタマイズやポーティング、受託開発などのサービスも用意する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]