富士通、μT-Kernel準拠の組み込み用リアルタイムOSを販売開始

目黒譲二

2007-05-16 14:49

 富士通は5月15日、同社の32ビットマイクロコントローラ「FR」ファミリーに最適化された、μT-Kernel仕様準拠の小型の組み込み機器向けリアルタイムOS「SOFTUNE μT-REALOS/FR」の販売を開始した。μT-Kernelに準拠したOSの販売は、業界初となるという。

 μT-REALOS/FRは、小規模な組み込み機器を対象としたリアルタイムOSであるμT-Kernelの仕様に準拠し、テレビ、エアコンなどの家電製品や、自動車メーター、カーオーディオなどの車載製品、産業用インバータなどの組み込み機器に適したリアルタイムOS。FRファミリーのアーキテクチャに合わせたチューニングを行い、カーネルの高速化、省メモリ化を実現している。

 μT-Kernelは、ユビキタスコンピューティング基盤技術の標準化・推進団体T-Engineフォーラムの標準OSであるT-Kernel仕様と互換性があり、T-Kernel上のアプリケーションプログラムをμT-Kernel上に移行したり、T-Kernel上のさまざまなデバイスドライバをμT-Kernel上で利用することができるため、アプリケーションプログラムの開発効率が向上するという。

 μT-REALOS/FR用システム構築ツールを利用してカーネル機能を取捨選択することにより、アプリケーションプログラムに最適な性能とメモリサイズのカーネルを構築することができる。

 また、富士通製の統合開発環境「SOFTUNE Workbench」に完全対応しており、プログラム作成からデバッグまでシームレスな開発環境が利用できるという。

 今後は、アプリケーションプログラムの実行時間、消費電力量など、プログラム実行上のボトルネック要因を解析してチューニング支援情報を出力するチューニングツールを提供するほか、従来のμITRON仕様に準拠した「REALOS/FR」のユーザー向けに、μT-Kernelへの移行を容易にし、μITRON上のアプリケーションプログラムをμT-REALOS/FR上で利用できるμITRON互換APIを提供するとしている。また、ユーザーに合わせてカスタマイズした開発環境を構築できるEclipseベースの開発環境も提供する予定。

 販売価格は、ロイヤリティフリー、1年間の技術サポート付きで、200万円(税別)。出荷時期は7月となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]