IPA、「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2007」の募集開始

目黒譲二

2007-06-04 11:04

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)はこのほど、「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2007」の募集を開始した。

 ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤーは、IPAの主催により、国内の優れたソフトウェアプロダクトを選定・表彰するコンテスト。ソフトウェアプロダクト開発者の開発意欲を高め、多くの良質なソフトウェアプロダクトの供給を促進し、市場の拡大および充実を図ることを目的として1989年に創設され、今年で19回目の開催となる。

 募集対象は、2006年から2007年までの過去1年程度の期間内で、国内において広く利用され、流通している、「産業・企業・行政」「家庭・個人」「安心・安全」「システム・基盤」――の4分野のソフトウェアプロダクト。パッケージプロダクトのみならず、組み込み系ソフトウェアプロダクトやオープンソースソフトウェアも対象となるほか、ASPやSaaSとして提供されるものも含む。

 応募資格は、ソフトウェアプロダクトを独自に開発、または販売を行っている法人または個人で、募集期間は7月31日までとなっている。応募要領は、IPAのウェブサイトで公開されている

 応募申請のあったソフトウェアプロダクトは、申請書により書類審査され、書類審査で選定されたものは、説明およびデモンストレーションによる審査結果に基づき最終選定される。選定は、学識経験者や有識者で構成される選定委員会および選定ワーキンググループが行う。選定結果の公表は10月上旬、表彰式は10月下旬の予定となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]