ステラクラフトなど、Linux環境下での検疫ネットワークソリューションを発表

CNET Japan Staff

2007-06-18 10:01

 ステラクラフトは6月15日、RADIUS認証サーバ「Enterpras Std」シリーズに、ヌリテレコム製統合運用管理ソフトウェア「NASCenter Net-ADM」との連携ツールを追加し、「Enterpras Std for Net-ADM」として販売すると発表した。

 同製品は、Enterpras Proをベースに、一般企業/学校のネットワークアクセスに必要な機能を抜粋し、ユーザー認証基盤を使いやすい管理ツールとともに提供する製品。認証対象ユーザーと認証機器をグループ化して管理できることが特徴だ。

 NASCenter Net-ADMと連携したことで、検疫サーバ環境をすべてLinuxで統一。ユーザー認証からRADIUS認証、検疫までをシームレスに統合できるようになった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]