編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フォーステン、PoE対応のエッジスイッチ「S50V」を出荷--最大320Wを給電

CNET Japan Staff

2007-06-20 09:23

 フォーステンネットワークスは6月19日、イーサネットケーブル経由で電力を供給するPoE技術に対応したエッジスイッチ「S50V」の国内出荷を開始した。参考価格は123万円。

 同製品は、1Uラック型のエッジスイッチ。ワイヤレートのギガビットイーサネットを48ポート搭載する。IEEE802.3afに準拠し、各ポートで最大15.4W、スイッチ全体で最大320Wをイーサネット経由で給電できる。

 ビルの配線室に設置し、IP電話や無線LANアクセスポイントなどの集約に利用できるほか、コンセントの数に限りがあったり、電源供給がしにくかったりする場所にスイッチを設置したいというニーズにこたえられる。

本体画像 PoE対応のエッジスイッチ「S50V」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]