編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

機動性の高い企業システムは、どうやって、どれだけ早く実現するかが重要とSybaseの幹部

山下竜大(編集部)

2007-08-09 23:13

 Sybaseが8月6日〜10日の5日間、ネバダ州ラスベガスで開催している「Sybase TechWave 2007」カンファレンスでは、同社のビジョンである「Unwired Enterprise」の実現を加速させる新しいアーキテクチャがSybaseの会長、社長兼CEO(最高経営責任者)であるJohn S. Chen氏から発表された。

 Chen氏に続き、基調講演に登場した同社のCMO(最高マーケティング責任者)でワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるDr. Raj Nathan氏は、新しいアーキテクチャの詳細について紹介した。

SybaseのDr. Raj Nathan氏 SybaseのCMOでワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるDr. Raj Nathan氏。

 Nathan氏は、「機動性の高いエンタープライズシステムの実現は、もはや疑う時期ではない。どうやって、どれだけ早く実現するかが重要な時期にきている。トラディショナルなアプリケーションとモバイルアプリケーションが融合し、統合アプリケーションに進化する動きは確実に始まっている」と話す。

 この進化を牽引しているのは、高速なネットワーク環境の登場やバッテリーの長寿命化、堅牢なモバイルデバイス用OSの登場、ブログやWikiなど、コンシューマ側から火がついたテクノロジのエンタープライズ分野への採用、さらに強力なデバイスの爆発的な普及などだ。

 「登場した当時のモバイルデバイスは、PIM(Personal Information Manager)としてメールやスケジュールの確認くらいにしか使えなかった。しかし、営業や製造現場などでも利用されるようになり、現在では複雑なアプリケーションやビジネスプロセスの実行など、より戦略的な場面で利用されるようになっている」(Nathan氏)

 こうした現状からモバイルアプリケーションプラットフォームの必要性が高まっており、チャレンジの繰り返しから生まれたのが、Unwired Enterpriseを加速させる次世代アーキテクチャだった。

 新しいアーキテクチャは、データサービス、モバイルミドルウェアサービス、デバイスサービス、統合アプリケーション開発ツール、管理コンソールで構成され、メッセージングサービスを経由して、構造化データから非構造化データまで、さまざまなデータソースにあらゆるデバイスからアクセスすることを可能にする。

 データサービスでは、エンタープライズデータの高速なアクセスを可能にするマルチノードの分散キャッシング機能を提供。SQLやXMLなどによる分散クエリにより、構造化データから半構造化データ、非構造化データまで、異種混合のデータソース管理を容易にする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]