編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MyEclipse Enterprise Workbench 6.0--Java 5/6やAjaxへ対応

原井彰弘

2007-08-23 17:08

21日(米国時間)、Genuitecは統合開発環境「MyEclipse」の新しいバージョン「MyEclipse Enterprise Workbench 6.0」をリリースした。

MyEclipseはEclipseをベースとした統合開発環境。このソフトウェアを用いることで、Javaを中心としたエンタープライズアプリケーションを効率的に開発することが可能になる。

 新しいバージョンではさまざまな機能が追加されている。まず、最新のEclipse 3.3/Europa 1.0互換となり、Java 5とJava 6がサポートされた。また、JPA(Java Persistence Architecture)やSpring Framework 2.0、Hibernateへのサポートも強化された。さらに、Ajaxについても、CSSやJavaScript、DOMのビューが新しくなったほか、JavaScriptのデバッグ機能も充実した。

 MyEclipseはライセンス方式として年会費制を採用している。会費は31.75ドル/年からで、会員の間は常に最新バージョンのソフトウェアを利用することが可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]