編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

TSCタイマが無効にされたことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-10-09 15:00

Disabling TSC...

対処

意図してTSCタイマを無効にしている場合問題はない。

説明

TSC(Time Stamp Counter)タイマが搭載されているCPUで、ブートパラメタnotscによってTSCタイマが無効にされている場合に出力する。

RedHat Linuxの場合、TSC以外に、HPET(High Precision Event Timer)やACPI(Advanced Configuration and Power Interface)で実装されるPMT(Power Management Timer)、カーネルロジックで実現しているPIT(Programmable Interval Timer)などがあり、選択の順番が決まっているが、notscの指定によって優先度の高いTSCを無効にすることで、それ以外のタイマを選択する際に利用される。

TSCタイマが実際に無効となったか否かは、タイマ選択終了時に出力する以下のメッセージで確認できる。
Using timer name for high-res timesource

もし有効なタイマが見つからなかった場合、以下のメッセージを出力後カーネルがpanicし、システムが停止する。
select_timer: Cannot find a suitable timer

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]