Leopard解体新書--第7回:Core AnimationでCover Flowを体験 - (page 2)

木下誠(HMDT)

2007-11-26 17:54

ユーザインタフェースのアニメーション

 さて、皆さんは「アニメーション」というと、何を思い浮かべるだろう?テレビで流れているアニメーション番組だろうか。それとも、Flashで作成したようなアニメーションコンテンツだろうか。

 Core Animationが行なうアニメーションは、ユーザインタフェースのアニメーションになる。Mac OS Xには、ボタンやスライダーやスクロールバーといったGUIのユーザインタフェースがあるが、それをそのままアニメーションさせてしまおう、というのがCore Animationだ。

 どういうものなのか、サンプルで体験してみよう。Appleの開発者向けサイトであるADC(Apple Developer Connection)で、CocoaSlidesというサンプルが配布されている。これをダウンロードしてほしい。ダウンロードしたファイルを展開すると、中にCocoaSlides.appというアプリケーションがあるので、これをダブルクリックしよう。

CocoaSlieds CocoaSlieds.appファイル

 起動すると、デスクトップピクチャを、いまとなっては懐かしいフィルムのスライドとして表示してくれる。

 下の方に、「Layout」というポップアップメニューがある。ここから配置の仕方を指定すると、スライドをその位置にアニメーションさせながら動かしてくれる。ここに、Core Animationが使われているのだ。

 注目してほしいのは、スライドに付いているチェックボックスだ。アニメーションを行なうと、スライドが回転して傾くのだが、そのままの状態で、いつもと何も変わらないように、このチェックボックスを使うことができる。これが、ユーザインタフェースのアニメーション、ということだ。

散らかった状態でも、チェックボックスが有効 散らかった状態でも、チェックボックスが有効

 ちなみにこのCocoaSlidesアプリケーション、連続でアニメーションを行なうこともできるし、バックグラウンドにQuartz Composerを再生することもできるし、あなたのMacがどこまでアニメーションの負荷に耐えられるか、テストできるものになっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]