「Windows 7」にはタッチ機能が加わる模様:MSとアップルは互いを意識し過ぎ?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2007年12月13日 20時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 7」の開発プロセスはまだ初期段階にあるが、新たにタッチ機能がユーザーインターフェース機能リストにすでに加えられたようだ。

 MicrosoftのWindows ShellチームのHilton Locke氏は、今週のブログ記事のなかで新しく導入された「Dell Latitude XT Tablet PC」について書きながら、Windows 7で計画されているタッチサポートについても言及した。

 「もし「iPhone」の「タッチ機能」に感動したなら、Windows 7で登場する機能には圧倒されるだろう。あとはWindows Touch Technologyが売り上げを伸ばすことについて、より多くのOEMを納得させることができればよいのだが。」

 筆者自身はタブレットPCマニアではないため、このタッチUI(ユーザーインターフェース)の発覚からさほどの影響を受けない。しかし、最近Macユーザーの友人が主張していたことを考えさせられるきっかけになった。

 彼の理論はこうだ:「Windows Vista」もAppleの「Leopard」インターフェースも、MicrosoftとAppleが互いのUIを真似することに執心しすぎるという単純な理由から、普遍的なユーザーから認められるに至っていない。Microsoftは、Macのような体験に関心を持つユーザーに訴えようとがんばり過ぎ、AppleはLeopardを、Windowsから乗り換える向きを惹き付けるものにしようと意図し過ぎである。というのが、Macユーザーである親友の推論だ。その結果どうなるか?いずれのベンダーも、その中核となる支持基盤を喜ばせることができない。

 あなたはどう思いますか?MicrosoftがWindowsをMacみたいにしようと頑張りすぎていることは間違いなのか?あるいはMicrosoftはこれについては選択の余地がなかったのか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化