M&Aの達人になるために:すべてはあなたの交渉術

文:Geoffrey James
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年02月05日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大型買収案件の準備ができているなら、取引をまとめるために必要となる戦略と知識をお教えしよう。

 書類上はまったく非の打ち所のない案件に見える。あなたは理想的な企業を買収のターゲットに定め、PowerPointのスライドでも「良い面」ばかりが強調されている。財務面や法務面の調査も実施済みであり、あなたは相手側に買収のオファーをしたい旨を告げた(ここまでの初期の段階を乗り切る方法については過去の特集記事 「成功するM&A教えます」を参照してほしい)。 ここからが本当に難しい部分であり、実際の取引成立にいたるまでの非公開での交渉プロセスとなる。

 合併交渉をめぐる数え切れないほどの要素を規定する絶対的な規則は存在しないが、M&Aのはやる気持ちに冷静に対応するための交渉の方法は存在する。われわれは10人余のM&Aのベテラン(買収した側とされた側の両方)にインタービューし、そこから交渉に関する優れたアイデアのエキスを引き出して4つのステップからなるBNETの短期集中コースにまとめた。ベストセラーの著者であり、合併の権威でもあるJames Freund氏にも交渉の10のルールを紹介してもらった。そして交渉は滅多に計画通りに進むことはないので、優良な取引を台無しにしてしまう良くある間違いについても指摘し、それらを避ける方法について説明した。

いかに合併交渉をするか

 あなたは買収対象として理想的な企業を探しだし、書類の上では両社の相性は完璧に見える。しかし、企業同士の結婚の厳しい現実に対して今から心の準備をしておくことだ。人間どうしの結婚でも離婚はめずらしくないが、50%以上の合併は失敗するのだ。もちろん、取引に署名するにしても取りやめるにしても、あらかじめ両社が交渉の方法を熟知している場合は成功の確率は高まるだろう。このBNETの短期集中コースでは、多くの専門家がM&A交渉の難しいプロセスについて説いてくれた内容を濃縮して、多くの企業が実戦するべき4つの基本的なステップにまとめた。

最初のオファーをする

目的:取引が可能な大まかなパラメータを定義する

 しばしば第一印象によってその後の交渉の大筋が決まってしまうように、最初の会合によってその後の協議の枠組みが決まってくる。買収する側の企業として、最初のオファーをするのは貴社の利害にかかわる行為である。結局、買収とは貴社の全体的な戦略を表現する行為であり、合併後の組織の成功に責任を持つのは貴社の側なのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算