編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Silverlight for Linuxのパブリックリリースが初登場

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-05-15 06:07

 「Moonlight」――オープンソース主導者のMiguel de Icaza氏と同氏のプログラマー軍団が率いるSilverlight on Linuxプロジェクト――の初めてのパブリックリリースが登場した。

 NovellのDeveloper Technologiesバイスプレジデントを務めるDe Icaza氏は、米国時間5月13日付のブログ記事のなかで本リリースについて言及した。De Icaza氏によると本リリースは2つの形でテスターに提供される:非メディアコーデックのバージョンと、ユーザーが自分でFFMpegコーデックをコンパイルできるバージョンである。

 本リリースは「Silverlight 1.0」のみをサポートしている。この開発者グループは「Silverlight 2.0」もサポートする方向に進む予定だ。2.0は現在ベータ版であり、最終版は今夏後半に提供されると予想されている。

 De Icaza氏は、Moonlightは「Firefox 2」と「3」でも機能するが、最近Firefox 3に加えられたいくつかの変更が「SilverlightとMoonlightが機能するのを妨げている」と指摘した。一部のサイトのために対応策を提供するユーザースクリプト「Greasemonkey」もあると、同氏は述べている。

 De Icaza氏は12月に、Silvelightの最初のリリースが2008年半ばまでとなる見込みであると述べていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]