レコメンド技術を「絵に描いたモチ」で終わらせないために--ECサイトのレコメンド技術を考える(5)

高島理貴(ケイビーエムジェイ) 2008年07月02日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでの連載で、レコメンド技術がECサイトの裏側で動くからくりを解説してきた。今回は、表側に視点を置き換え、レコメンド技術の効果的な利用方法とその導入効果について解説しよう。

レコメンドアイテムをいかに表示するか

 レコメンド技術は、複雑なロジックを利用してレコメンドアイテムを選定する。しかし、ECサイトの目的を達成するためには、レコメンドアイテムを効果的に表示し、そのアイテムがユーザーに認知されなければ意味がない。連載第2回目で、アイテムの表示方法は運営サイトのデザインなどとの兼ね合いによりカスタマイズすることが一般的だと説明したが、効果的にレコメンド技術を導入するためにはおさえるべきポイントがある。それは、「ロジックと表示ページを選定すること」、「レコメンドティッカーに盛り込む情報を選定すること」、そして「レコメンドティッカーの表示スペースを選定すること」の3点だ。

 まず、ロジックと表示ページの選定について考えてみよう。ルールベース方式であればマーケティングデータを利用し、コンテンツフィルタリング方式であれば商品を選ぶ際の要素を前もって用意し、ルール作成データとして利用する。しかし、協調フィルタリング方式では、どのシーンのユーザー行動履歴を利用し、どういったロジックを通してどのページに表示するかを考える必要がある。

 ケイビーエムジェイの「パーソナライズド・レコメンダー」の場合、閲覧ベース(商品詳細ページを閲覧した際の行動履歴)、興味ベース(カートに投入した際の行動履歴)、購入ベース(購入した際の行動履歴)といったデータを活用している。これらのデータに重要度をつけてロジックを絡めたり、個別のロジックとして扱ったりすることで、レコメンドアイテムを決めるのだ。そして、これらのレコメンドアイテムを表示させるページは、商品詳細ページやカートページ、購入完了ページなどが考えられる。

 ロジックと表示ページの例としては、商品詳細ページに閲覧ベースのロジックを導入するケースや、同ページに閲覧ベースと購入ベースの2つのロジックを導入するケースなどがある。また、購入後の離脱回避を狙い、購入完了ページにセット購入を促す購入ベースのロジックを導入することも考えられるが、セット購入パターンが少ない場合はそこに閲覧ベースのロジックを導入するケースもある。さらには、ユーザーに対する訴求効果を高めるため、ルールベースを部分的に利用するケースもある。

 マルイヴォイが運営するオンラインショッピングサイト「マルイウェブチャネル」では、1つの商品詳細ページに購入ベースと閲覧ベースのロジックを導入し、幅広い訴求効果を狙っている。

マルイ 事例1:オンラインショッピングサイト「マルイウェブチャネル」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算