マイクロソフト、XP Proユーザーに対する「ナグウェア」で海賊版対策

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年08月28日 10時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは海賊版が最も多く出回っているWindows製品である「Windows XP Professional」について、新しい「Windows Genuine」通知ソフトウェアを開始し、ソフトウェアの海賊行為に対する戦いをさらに前進させようとしている。

  Windows Genuine Advantageブログのなかで米国時間8月26日、Genuine Windowsのディレクターを務めるAlex Kochis氏は、XPユーザーはMicrosoftが「Windows Genuine Advantage(WGA)」による通知の新バージョンを今週から提供し始めることを予期すべきだと述べた。Microsoftはこの提供には数カ月間かかるとみている。

 この新たなWGA通知は、MicrosoftがWindows Updateを通して提供する予定である(すでにMicrosoft Download Centerから個人によるダウンロードが可能となっている)が、かつて2007年12月に「Windows Vista Service Pack(SP)1」で導入されたWGA通知と同じように動作する。具体的には「真正でない」とみなされたXPのコピーのユーザーは、画面の背景がデフォルトの黒となり、白色文字により、そのWindowsが偽物かもしれないと警告されるのだ。

 (アップデート:Microsoft関係者はXPのWGAは「reduced functionality mode(機能性縮小モード)」別名「kill switch」をデフォルトにしたことはないと指摘した。これはWindows Vistaが初めて出荷された際に含まれていた。

 「Windows XPには『kill switch』と一般に言われる機能性縮小モードは含まれなかった。そして今でも含まれていない」と広報担当者は述べた。「このアップデートは単に、Windows Vista SP1での通知を反映する通知体験を再設定するものである。」)

 新しいWGA XP通知アップデートにより、Microsoftは盗品または海賊版のソフトウェア、そして偽のプロダクトキーを検出し易くなると同社関係者は述べている。同社はプロダクトアクティベーションを迂回しようとするユーザーに対する障壁も新たに加えると、ブログ記事で述べられている。

 新リリースではとくにXP Professionalユーザーが対象とされている。Kochi氏の投稿からは以下の通り:

 「本リリースでやろうとしていることはもうひとつ、最も頻繁に盗まれる製品エディションに焦点を当てることである。これによりそのようなパッケージを提供される顧客の数が減少する。このリリースは最も海賊版が多いWindows XPエディション、したがって真正でないコピーを持っている可能性が最も高いユーザーに提供される。つまりWindows XP Proのユーザーである。われわれはまたこれを、TabletやWindows Media CenterといったProのコードに基づくエディションのユーザーにも提供する。しかし将来のリリースではProに提供を狭める予定である。」

 以前にWGA通知をオプトインしなかったXPユーザーは、インストレーションウィザードではなく、End User License Agreement(EULA)を受諾するように要求される。EULAに合意するユーザーは、反海賊行検証コントロールを自動アップデートされることに合意することになる。

 「Microsoftはこれらの変更により、インストレーションプロセスを単純化し(顧客を最新の状態に維持しやすくする)、これらの通知の有効性を拡大し、Windows XPとWindows Vistaに通じた体験を連携させる」と同社の広報担当者が提供した声明は述べている。

 Microsoftが真正でないVistaに対する「kill switch」を単なる「ナグウェア(しつこく登録を催促するウェア)」に置き換えたときには、多くのユーザーから称賛を得た。XP Proユーザーが新しく登場する通知スキームについて、いずれにせよ、どのように感じるものだろうか。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化