SOAとBPMが必要な3つの理由 - (page 3)

大野晋一(編集部)

2008-11-06 08:00

2:組織の複雑化

 ほとんどの会社では組織ごとに予算が割り振られ、これを達成するために組織が動く。この状況では顧客が企業に向き合うときに、顧客から見たシングルビューが提供されない。BPMはこれを横串でつなぎ、正しいバリュー・ラインをデザインすることができる。BPMにより、組織をつなぎ、顧客がどの組織にアクセスしても組織を横断してプロセスを呼び出し、正しい結果までのパスを提供することができるようになる(Software AG David Broadbent氏)。

 また、グローバリゼーションが進む現在、ここでいう組織が国をまたぎ会社をまたぐようになってきている。企業はこうした状況での共通言語を持たなければならないBPMは有効に働くだろう。

3:ITの複雑化

 多くの会社が強固なERPなりレガシーシステムをすでに保有しており、これらはきちんと稼働している。しかし、ほかのシステムとの接続は不十分でエンド・ツー・エンドのプロセスもサポートしてない。

 また、再びグローバリゼーションによるものだが、コアシステムのほかにローカルなシステムがいくつもできる。これを統合していくのはすべての企業にとって課題となる。すべてのシステムを巨大な一つのシステムに置き換えるのは不可能だ。モダナイゼーションにより、SOAでシステムを統合し、BPMでプロセスをつなげていく必要がある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]