マイクロソフト、ヤフーから検索部門VPを引き抜く

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-11-22 01:58

 うわさは本当だった:MicrosoftはYahooからSearch Technology部門のバイスプレジデントを務めるSean Suchter氏を引き抜いた。

 Microsoftは米国時間11月20日、同社のSearch, Portal and AdvertisingシニアバイスプレジデントであるSatya Nadella氏による以下の声明を発表した。

 「Sean Suchter氏がLive Searchに取り組むためにMicrosoftのSilicon Valley Search Technology CenterのGM(General Manager)として加わることを発表できて嬉しく思います。Sean氏は12月22日に就任し、Harry Shum氏の直属となる予定です。Suchter氏をMicrosoftに迎える日を楽しみにしています。」

 All Things D’sのKara Swisher氏は今週に入り、Suchter氏がYahooの検索への取り組みにとって重要な貢献者であったとブログで述べていた。Suchter氏は同氏の仕事をLinkedInで説明しているとSwisher氏は指摘している:

 「私はYahooのウェブサーチエンジンを、その成功に向けた全体的な責務を担って運営している。これにはエンジニアリング、製品責任、安定動作、結果品質、資本支出、収益(ペイドインクルージョンプログラムからの)が含まれる。」

 ふむ。Microsoftは結局、Yahooの検索ビジネスを買収する必要はないかもしれない…。Yahooにまだ残されている検索関連の才能をもっと引き抜くことになれば、なおさらのことだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]