編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフトのデータセンター設計者がアマゾンにくら替え

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-12-16 05:09

 MicrosoftのData Center FuturesチームのアーキテクトであるJames Hamilton氏が、Microsoftを離れてAmazon.comに加わることを決めた。TechFlashが最初に報じた

 Hamilton氏はMicrosoftではデータセンターのコンテナモデルを広めた功績で知られている。同氏はチーフソフトウェアアーキテクトであるRay Ozzie氏のLive Platform Services開発チームのメンバーであった。 Hamilton氏の関心分野には、「マルチテナントホステッドシステム、非常に大きなスケールのシステム管理、大規模なパラレルデータ管理、データベースセキュリティ、そして非構造化データ管理」が含まれている。Live Coreチームに加わる前には、Hamilton氏はMicrosoft Exchange Hosted Servicesチームのジェネラルマネージャーを務めていた。さらにその前はSQL Serverのアーキテクトであり、Security and Incubationチームのリーダーを務めた。

 Hamilton氏はAmazon Web Servicesチームのバイスプレジデントに就任する。(筆者はAmazonにHamilton氏の新しい役割についての詳細を尋ねたが、まだ回答は得ていない。)

 AmazonはMicrosoftがクラウドホステッド開発分野に参入することに備え、できることは何でもしている。Microsoftは同社幹部が公式に同社のAzureクラウドプラットフォームの詳細を明かした10月終わりに、同社の計画を説明した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]