ヴイエムウェア、「VI4」の正式名称を「vSphere」に

文:James Urquhart(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年12月22日 18時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミネアポリスで米国時間12月19日に開催のVMWare User Group(VMUG)の会合で、VMwareの「Virtual Infrastructure」戦略の方向性に関心がある人には興味深い知らせがあったようだ。VMwareはVI4の正式名称を「vSphere」にするという。

 同会合に参加したJason Boche氏は、ブログで次のように報告している。

 「本日のミネアポリス地区VMUGの会合で、VMwareの従業員は150人以上の参加者を前に、「VI4」または「VI.next」の名称で呼ばれている次世代のVirtual Infrastructureの名称を明らかにした。新しい名称は、「VMware vSphere」だ。わたしはVMwareとの関係を評価し、尊重しており、このニュースを公開する前にVMware内部の信頼できる情報筋に確認をとった。このニュースを公開することについては、VMwareのマーケティング部門の支持を受けている。VMwareはまた、vSphereの新しい設定に関する情報も明らかにしたが、これはここでは触れないでおく。この知らせを公開するかどうかは、他の参加者の判断に任せる」

 このニュースがどうしてクラウドコンピューティングのファンに関係あるのだろうか?

 VMwareの「vCloud」構想は、今後の機能に大きく依存している。VMwareは今後、中核となる製品の運用スケールを拡大し、サーバを超えたデータセンターとしての運用を視野に入れている。うわさされている機能としては、VI4のWAN越しでの仮想マシンマイグレーションなどがあり、これらはVMwareベースの連携型のクラウドが現実のものになるのに不可欠なものだ。そこで読者の皆さんには、vSphereの最新情報を入手すべくGoogle Alertを設定し、動向に注目しておくことをお勧めする。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化