編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

プロセス図の描き方とお作法--実は超簡単 ! - (page 3)

梅田正隆(ロビンソン)

2009-03-06 16:00

図を描くためのツールもいろいろ

 このようなプロセス図は、一般的なドローソフト(お絵かきソフト)で描くことができる。ちなみに、この連載で掲載している図のほとんどは、マイクロソフトの「Office PowerPoint 2007」を使って描いたものだ。普段使っているWordやExcelでも、メニューの「挿入」→「図」の中にある「オートシェイプ」を使うと、簡単な図であればあっという間に描きあがる。

04 【図4】WordやExcelの機能である「オートシェイプ」を使っても簡単な図は描ける(写真はWord 2003)。

 もしも、こうした図を描く機会が多いのであれば、専用のツールを使うという手もある。同じくMicrosoft Officeファミリーの「Visio」は、ビジネスグラフィックの作成に特化したツールだ。ビジネスプロセス図を作成するためのテンプレートも付属しているが、サードパーティが用意しているアドオンソフトを導入すれば、より高度な利用が可能になる。

 たとえば、日揮情報ソフトウェアが開発している「FREE Process Modeler for Microsoft Visio」は、BPMN1.1に完全準拠したプロセス図を描くのに必要な機能が用意された無償のVisioアドオンだ。基本図形のステンシル(部品)も用意されているため、作業効率は高く、WordやExcelの比ではない。また、この「FREE Process Modeler for Microsoft Visio」は、製品版である「ITP Process Modeler」の評価版として提供されているものなので、将来的に製品版を導入すれば、作りためた図を使ってシミュレーション、BPEL/XPDLのインポート/エクスポート、業務システムとの統合といった用途に発展させることもできる。

 また、同社では、BPMN仕様書の日本語訳も配布している。300ページを超える膨大な資料だが、BPMNでのモデリングを業務システムに本格的に導入したいと考えている人にとっては重要なものなので、ぜひ目を通してみてほしい。

05 BPMN準拠図の作成に使える「FREE Process Modeler for Microsoft Visio」。

 また、「内部統制」のための業務フロー図の作成が目的であれば、チェンジビジョンが提供するプロセスモデリングツール「JUDE/Biz」も検討してみよう。JUDE/Bizは、業務フロー図、リスクコントロールマトリックス、業務記述書という、内部統制に必要とされる文書3点セットを簡単に作成することに主眼をおいたツールだ。

06 内部統制のための文書作成に便利な「JUDE/Biz」の画面。購入前に20日間無料で試用できる。

 TPOに合った道具を用意して、ぜひ自分でもプロセス図を描くことに挑戦してみてほしい。自分で描いた図を、実際の業務改善の検討場面などで大いに活用していただきたいと思う。

 さて、次回以降はさらにプロセス志向を発展させてみる。経営、そしてITの世界と切っても切れない「ビジネスプロセスマネジメント」(BPM)の領域へと、徐々に足を踏み入れていこう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]