編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Windows 7リリース候補は5月に登場?MSがうっかり漏らす

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2009-03-27 11:27

 Microsoftは「Windows 7 Release Candidate(RC)」のダウンロードページを早まって掲載したが――驚いたことに――それには2009年5月の日付が入っていたのだ。

 Windowsチームは主要ビルドを提供する前にはいつも具体的な日程については明かさないように最善を尽くしてきた。(日程を公にしないということは、遅れていると咎めることは、誰にもできないということだろう。)

 これまでの報道では、Microsoftの唯一無二のRCは4月に登場すると見込まれていた。

 ArsTechnicaはWin 7 RCダウンロードページのスクリーンショットを示している。Arsの指摘によると、RCのダウンロード期間は2009年6月まで継続し、そのRCは2010年6月までに失効することになっているという。ArsはまたWindows 7 RCに対して予期されるハードウェア要件を推測している:

・インターネットアクセス(Windows 7 RCをダウンロードし、アップデートを入手するために)

・以下の最小限の推奨スペックを備えたPC:

  • 1GHzの32ビットまたは64ビット以上のプロセッサ
  • 1Gバイト以上のシステムメモリ
  • 16Gバイトのディスク容量
  • DirectX 9グラフィックスのサポートと128Mバイトのメモリ(Aeroのテーマを有効にするために)
  • DVD-R/Wドライブ

 筆者は今でもMicrosoftが今年第3四半期にRTMに至るのではないかと踏んでいる。RCが予想よりわずかに遅れたとしても、遅れないにしても。今にわかるだろう・・・。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]