編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフトは1億ドルで検索エンジンのシェアを拡大できるか?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-04-03 18:57

 検索クエリのシェアを拡大するにあたってMicrosoftが重要な戦略と位置づけているのが、リニューアルとマーケティングだ。Advertising Age(Ad Age)の最新のレポートによると、このマーケティングは1億ドルに相当するようだ。

 Ad Ageは4月1日、広告代理店のJWTがMicrosoftの「Live Search」のリニューアルとマーケティング契約を獲得したと発表した。Ad Ageは次のように記している。

 業界幹部は、Microsoftが6月に最新の検索エンジンをプッシュするための契約を、WPP傘下のJWTが獲得したことを明らかにすると予想している。この契約の推定金額は8000万ドル〜1億ドルで、オンライン、TV、印刷物、ラジオで展開するといわれている。

 (JWTは、Microsoftが昨年、業務ソフトウェア向けに打った「People Ready」キャンペーンも手がけている)。

 Microsoftは、Windowsブランドを活性化するキャンペーン「Life Without Walls」で、推定3億ドルを広告代理店のCrispin Porterに支払ったといわれている。最新の「People Ready」キャンペーンは、推定2億ドルといわれている(現在、同キャンペーンは「It’s Everybody’s Business(全員が関係ある)」フェーズに入っている)。さらには今回、“Kumo”かなにかの名称になるといわれているLive Searchのリニューアルで、最大1億ドルを費やすことになった(私はいまでも、LiveSearchの新ブランド名は“Kiev”ではなく、Kumoと思っている。Kievは私が耳にした開発コード名だが、旅行、セレブ情報、へルスケアなど、業界直下型のMicrosoftの検索技術と関係が深そうだ)。

 もちろん、1億ドルというのは大きな金額だ。だが、Ad Ageのサイトのコメントにあるように、Microsoftは当初、数十億(正確には450億ドル)を費やしてYahoo!を買収し、検索シェアを拡大しようとしていたのだ。

 1億ドルの広告キャンペーンと再ブランディングにより、ユーザーは“Googleする”から“Kumoする”気になるだろうか? 読者の皆さんはどう思われますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]