編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトは1億ドルで検索エンジンのシェアを拡大できるか?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-04-03 18:57

 検索クエリのシェアを拡大するにあたってMicrosoftが重要な戦略と位置づけているのが、リニューアルとマーケティングだ。Advertising Age(Ad Age)の最新のレポートによると、このマーケティングは1億ドルに相当するようだ。

 Ad Ageは4月1日、広告代理店のJWTがMicrosoftの「Live Search」のリニューアルとマーケティング契約を獲得したと発表した。Ad Ageは次のように記している。

 業界幹部は、Microsoftが6月に最新の検索エンジンをプッシュするための契約を、WPP傘下のJWTが獲得したことを明らかにすると予想している。この契約の推定金額は8000万ドル〜1億ドルで、オンライン、TV、印刷物、ラジオで展開するといわれている。

 (JWTは、Microsoftが昨年、業務ソフトウェア向けに打った「People Ready」キャンペーンも手がけている)。

 Microsoftは、Windowsブランドを活性化するキャンペーン「Life Without Walls」で、推定3億ドルを広告代理店のCrispin Porterに支払ったといわれている。最新の「People Ready」キャンペーンは、推定2億ドルといわれている(現在、同キャンペーンは「It’s Everybody’s Business(全員が関係ある)」フェーズに入っている)。さらには今回、“Kumo”かなにかの名称になるといわれているLive Searchのリニューアルで、最大1億ドルを費やすことになった(私はいまでも、LiveSearchの新ブランド名は“Kiev”ではなく、Kumoと思っている。Kievは私が耳にした開発コード名だが、旅行、セレブ情報、へルスケアなど、業界直下型のMicrosoftの検索技術と関係が深そうだ)。

 もちろん、1億ドルというのは大きな金額だ。だが、Ad Ageのサイトのコメントにあるように、Microsoftは当初、数十億(正確には450億ドル)を費やしてYahoo!を買収し、検索シェアを拡大しようとしていたのだ。

 1億ドルの広告キャンペーンと再ブランディングにより、ユーザーは“Googleする”から“Kumoする”気になるだろうか? 読者の皆さんはどう思われますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]