編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Javaを手に入れてハードウェアプレイヤーに--オラクルによるサン買収の狙いは - (page 2)

文:Larry Dignan(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-04-21 16:32

活況を呈するデータセンター業界

 業界の他の企業と同様に、Oracleも次世代型データセンター市場を狙っている。データセンターの更改を虎視眈々を狙う大手技術企業として挙げられるのは以下のような企業だ。

  • IBM
  • HP
  • Cisco
  • Dell
  • Oracle
  • Juniper、EMC、VMwareなどのほかのプレイヤー(それぞれの角度から食指を動かしている)

 OracleとSunの取引を技術的な側面からみると、他にも面白い点があることに気づく。OracleのIT関連の資産は現在このようになっている。

  • Java
  • Solaris
  • CRMからERP、ビジネスインテリジェンスに至るまでのエンタープライズアプリケーション
  • データベース(OracleとMySQL)
  • ミドルウェア
  • ストレージハードウェア
  • クラウドコンピューティングサービス
  • サーバ

 Oracleの当面の戦略は、両社の製品をまたがって利用してきた既存顧客に注力するというものになるだろう。Ellison氏は、取得したハードウェアやソフトウェアをOracle Exadataに統合したいと考えたのではないだろうか。Ellison氏はOracle四半期決算の席上でExadataに強い需要があると喧伝していた。

 しかし最終的には、Sunを手に入れたからといってOracleは長期戦略を変更するようなことはないだろう。同社のそもそもの戦略は、顧客にたくさんのプロダクト(アプリケーション、言語、ミドルウェア、データベース)を提供して囲い込み、収入を得るというもの。

戦いを呼び起こす

 本当のところOracleはSunを手に入れて何がしたいのだろうか。

 技術分野での戦いの起こり方を注意深く見ていると、Sunを買収するというEllison氏の動きは非常に理に叶っていることがわかる。

  • IBMが支払おうとしていた提示額に1株あたり数セント上乗せしただけで、IBMを困らせたうえにJavaを所有できるようになる。
  • MySQLを殺すことができる。このデータベースによって、Oracle本来のデータベース事業における利ざやを縮めるようなことを、Ellison氏がするわけない。MySQLは殺されないまでも、拒絶反応を受けてゆくゆくは消えてなくなる運命にある。
  • Sunには大きなインストールベースがあり、より高額なアプリケーションへの乗り換えを促せる。
  • OracleのデータベースはSolarisで稼働している。OracleはSolarisシステムに調整を加え、プレミアムをつけて利ざやの低いハードウェアを見限ることができる。
  • ハードウェアに関して言えば、Sunの製造工程はアウトソースされているため、心配すべき荷物(不動産、施設、労働力)は少ない。ハードウェア事業から搾り取れるだけ搾り取って、そののち閉鎖することもたやすいのである。

 さらに、SunはOracleのこれまでの買収に比べて比較的安価だった。Sunの買収額はHyperion以上、PeopleSoft、Siebel以下といったところだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]