オラクルによるサン買収でオープンイノベーションは死ぬか

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2009年04月21日 13時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜOracleは伏兵だったか

 Sunの買収に関し、Oracleは伏兵であった。そもそも、Sunの買収劇を単にサーバマーケットのシェア争いとしてのみ見てしまうと、Oracleという名前すら出てこない。仮にサーバマーケットの呪縛から逃れたとしても、Oracleが伏兵たり得る理由がさらに2つある。

 1つは買収対象のレイヤである。Oracleが過去に示してきた買収対象は、基本的にはデータベースレイヤよりも上、つまりミドルウェアかアプリケーションのレイヤであった。2005年頃に、オープンソースのデータベースに興味を示してMySQLを買収しようとしたこともあるが、結局InnobaseとSleepycatの買収したところで終わっている。そして、今回のSun買収までは、そのレイヤが下がることはなかった。SunはMySQLを持っているものの、その主軸はハードウェアとOSなのである。

 もう1つは、「クローズドなOracle」と「オープンなSun」の対比である。かつて、Oracleについてはブログでも何度か取り上げたことがある。たとえば、OracleによるSiebelの買収とSalesforce.comによるAppExchangeのリリースを対比したもの、あるいは、OracleによるBEA買収とSunによるMySQL買収を対比したものがある。いずれも同じ日に発表された事象を比較したものであるが、Oracleが統合的ではあるが自社に閉じたソリューションで顧客へのメリットを提供しようとするのに対し、対比先の企業(上記ではSalesforce.comとSun)は、オープンなイノベーションを促進することで顧客へのメリットを提供しようとしている。

 フォーカスするレイヤの相違、そしてソリューション提供の戦略に関する相違が、Oracleを伏兵たらしめたのである。しかしながら、買収は事実として存在し、これは想定外であっただけに、意外な影響をマーケットに及ぼすだろう。

今後の見通し

 データベースの領域においては、Oracleがハイエンドとローエンドをカバーすることとなり、IBMやMicrosoftにとっては非常なる脅威になることは間違いないだろう。また、サーバ市場のシェア変動が起きる可能性がある。Oracleはもともとサーバベンダーではないので、今回の買収自体がシェア変動を直接起こすわけではないが、上位レイヤで高いシェアを握るOracleが下位レイヤでも攻勢に出る可能性は十分に考えられる。

 一方、Larry Ellisonは、Javaを手に入れたことを重視している発言をしているようだ。もしかすると、Javaの提供主体が変わることがマーケットにとって最もインパクトを持つことになる可能性もある。特化型であるが故にオープンなテクノロジーで他社と補完関係を作り出してきたSunに対し、統合型であるが故にむしろクローズドな世界を築いてきたOracleである。その両社にとってJavaの位置付けは大きく異なるだろう。SunはJavaによって直接的なメリットをあまり享受してこなかったが、アプリケーションレイヤを持つOracleは直接的なメリットを享受することができるかもしれないのである。

Sunとは何であったか

 Sunとは、サーバ市場に特化したベンダーとしてこれまで生き抜いてきた企業である。IBMがサービスビジネスへと主軸を移し、HPがコンシューマービジネスとバランスを取るのに対し、Sunはサーバ市場から脱却することはなかった。それゆえに、JavaやOpen Solarisのような非常にユニークな戦略を打ち出してきたのだと言える。

 ただ、Sunはオープンイノベーションを実践するにはすでに大きくなり過ぎていたのかもしれない。Sunはオープンソースベンダーとしてスタートしたわけではなく、1つの戦略としてオープンイノベーションを選択したのである。その壮大な実験がOracleによる買収で終わるのは残念であるが、それ自体がオープンイノベーションの価値を否定するものではないだろう。

 むしろ、Sunは1つのビジネス的な付加価値の構築の方法としてオープンイノベーションというものを示してくれたのだと思う。ポストSunの時代に期待したい。

筆者紹介

飯田哲夫(Tetsuo Iida)
電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。92年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化