編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

MS、SQL Server 2008をベースにしたDWHアプライアンスを提供開始

ZDNet Japan Staff

2009-06-25 20:24

 マイクロソフトは、Microsoft SQL Server 2008をベースとした事前構成済みデータウェアハウスアプライアンス「SQL Server Fast Track Data Warehouse (ファスト トラック データ ウェアハウス)」の提供を6月24日に開始した。

 同製品は、SQL Server 2008と、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)のサーバ「HP ProLiantシリーズ」およびストレージ「HP StorageWorks MSA 2300」、デルのサーバ「DELL Power Edgeシリーズ」およびストレージ「DELL/EMC CX4-240」との組み合わせとして提供されるもの。

 同社では、このDWHアプライアンスについて、あらかじめパフォーマンスが最適化されたソリューションとして提供するため、ユーザー側ではDWH構築や運用に関わるコスト、工数を削減することが可能になるとしている。

 あわせて、マイクロソフトコンサルティングサービス (MCS) より、日本HPおよびデルと共同で「SQL Server Fast Track Data Warehouse」の導入検証支援サービスである「Proof of Concept(PoC)サービス」を提供する。このサービスでは、製品の実機を利用し、ユーザーの環境に近い状態での評価や検証を実施、最適な構成をシステム導入前に確認できるという。

 SQL Server Fast Track Data Warehouseの参考価格(税別)は、HP ProLiant DL385 G5pとHP StorageWorks MSA 2300による構成(4T〜8Tバイト)が1130万8300円より。Dell Power Edge 2950 IIIとDELL/EMC CX4-240による構成(4T〜8Tバイト)が2158万8075円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]