編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

MS、低価格サーバOS「Windows Server 2008 Foundation」発表--ハード込み5万円台を実現

日高彰

2009-04-23 13:57

 マイクロソフトは22日、従業員数15名以下の中小企業を対象とした低価格サーバOS「Windows Server 2008 Foundation」の国内提供開始を発表した。最大ユーザー数を制限するなどして価格を抑えたエントリー版のWindows Serverで、OEMベンダーのハードウェアにプリインストールまたはバンドルの形でのみ提供される。

 国内でのハードウェアパートナーとしては、デル、NEC、日本IBM、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、富士通の6社が挙げられており、今後各社が「Windows Server 2008 Foundation」を搭載したサーバ機を発売する。22日に行われた発表会では、一例として、Windows Server 2008 Foundationをプリインストールした、デル「PowerEdge T100」の5万4800円という価格が紹介された。

 通常の「Windows Server 2008 Standard」と比較すると、仮想化技術「Hyper-V」が省かれているほか、ユーザー数が無制限から最大15ユーザーへ、利用可能なCPU数が最大4ソケットから1ソケットへ、メモリが最大32Gバイトから最大8Gバイトへといった制限が加えられている。一方、ユーザー数またはクライアントデバイスの台数ごとに必要だったCAL(Client Access License)の概念は、Foundation版ではなくなっている。

 Windows Server 2008で動作するアプリケーションは基本的にFoundation版でも動作し、「Certified for Windows Server 2008」「Works with Windows Server 2008」といった認定ロゴはFoundation版にもそのまま適用される。また、価格は未定だが、Foundation版からStandard版へのアップグレードパスも用意される。そのほか、推奨はされないものの「Exchange Server」や「SQL Server」といったサーバソフトウェア群をインストールすることも可能という。

機能一覧 CPUソケット数や上限ユーザー数などの制限は加えられているが、機能自体は「Hyper-V」が除かれた点以外、Standard版と同等。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]