編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

MS、低価格サーバOS「Windows Server 2008 Foundation」発表--ハード込み5万円台を実現

日高彰

2009-04-23 13:57

 マイクロソフトは22日、従業員数15名以下の中小企業を対象とした低価格サーバOS「Windows Server 2008 Foundation」の国内提供開始を発表した。最大ユーザー数を制限するなどして価格を抑えたエントリー版のWindows Serverで、OEMベンダーのハードウェアにプリインストールまたはバンドルの形でのみ提供される。

 国内でのハードウェアパートナーとしては、デル、NEC、日本IBM、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、富士通の6社が挙げられており、今後各社が「Windows Server 2008 Foundation」を搭載したサーバ機を発売する。22日に行われた発表会では、一例として、Windows Server 2008 Foundationをプリインストールした、デル「PowerEdge T100」の5万4800円という価格が紹介された。

 通常の「Windows Server 2008 Standard」と比較すると、仮想化技術「Hyper-V」が省かれているほか、ユーザー数が無制限から最大15ユーザーへ、利用可能なCPU数が最大4ソケットから1ソケットへ、メモリが最大32Gバイトから最大8Gバイトへといった制限が加えられている。一方、ユーザー数またはクライアントデバイスの台数ごとに必要だったCAL(Client Access License)の概念は、Foundation版ではなくなっている。

 Windows Server 2008で動作するアプリケーションは基本的にFoundation版でも動作し、「Certified for Windows Server 2008」「Works with Windows Server 2008」といった認定ロゴはFoundation版にもそのまま適用される。また、価格は未定だが、Foundation版からStandard版へのアップグレードパスも用意される。そのほか、推奨はされないものの「Exchange Server」や「SQL Server」といったサーバソフトウェア群をインストールすることも可能という。

機能一覧 CPUソケット数や上限ユーザー数などの制限は加えられているが、機能自体は「Hyper-V」が除かれた点以外、Standard版と同等。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]