学生のITコンテスト「Imagine Cup 2009」、一次審査の結果が発表

藤本京子(編集部) 2009年07月05日 01時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エジプト カイロにて開催中の学生技術コンテスト「Imagine Cup 2009」の2日目となる7月4日、ソフトウェアデザイン部門、組み込み開発部門、ゲーム開発部門の第一次審査の結果が発表された。

 一次審査を通過したのは、ソフトウェアデザイン部門が台湾、チェコ、フランス、ポーランド、スリランカ、コロンビア、メキシコ、ルーマニア、イギリス、スペイン、ロシア、ブラジル、組み込み開発部門がウクライナ、スリランカ、韓国、中国、メキシコ、イギリス、カナダ、台湾、トルコ、ブラジル、アメリカ合衆国、エジプトの各12チーム。

 日本からは、2年連続で世界大会に挑んだ同志社大学を中心としたチームNISLab++が再びソフトウェアデザイン部門に、また高等専門学校生として日本から初めて世界大会に進出した東京工業高等専門学校のチームCLFSが組み込み開発部門に挑戦したが、残念ながら一次審査通過には至らなかった。

Imagine Cup 一次審査の結果を待つ参加者たち

寺田氏 貸し出された機材をチェックする寺田氏

 一方、写真部門には、武蔵野美術大学の寺田志織氏が世界大会に参加している。同部門では、寺田氏を含む最終戦に残った6チームが4日正午から36時間をかけての戦いに挑んでいる最中だ。 4日正午に発表された写真部門のテーマは、「カイロの万華鏡--テクノロジと向かい合う古代文化」で、36時間以内にテーマに沿った写真を撮影し、ストーリーを構成していく。

 写真部門の世界大会に日本人が出場するのは今回が初めて。寺田氏は「日本代表にふさわしい写真を撮り、入賞を目指したい」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算