サイベース、Sybase IQに最適化されたデータローディングツール発売

新澤公介(編集部)

2009-07-29 17:48

 サイベースは7月27日、同社の高速データウェアハウス専用データベース「Sybase IQ」に最適化された、データローディングツール「Sybase ETL 4.8」の販売を開始した。

 Sybase ETL 4.8では、企業の基幹システムに蓄積されたデータベースやテキストファイル、XMLファイルなどのデータを抽出し、Sybase IQのデータベースに書き出せる。

 Sybase ETL 4.8は、Sybase IQ向けに最適化された専用ツールのため、高速で正確なデータ移動を低コスト、短期間で実施できるという。主な機能には、新規レコードを追加し古いレコードを削除するバルクモード、ウェブブラウザからグリッドノードを監視および制御する機能などを搭載。UnixやLinux、WindowsなどのハードウェアやOSに対応している。また、販売中の「Sybase IQ 12.7」や、11月に販売予定の「Sybase IQ 15.1」に対応しており、迅速なデータ分析により企業の競争力強化を支援するという。

 価格は、通常ライセンスが58万5000円(税別)。プライマリサイトのダウン時に利用可能なスタンバイ用ライセンスが14万6000円(税別)。本来運用しているシステムと並行して利用可能な開発/テスト用ライセンスが17万6000円(税別)。価格はいずれもCPUコア当たりのもの。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]